家を建てる土地 | 様々なアクセス手段が可能な家探し|日当たりの良い新築一戸建て

家を建てる土地

借りることもできます

山形で注文住宅を建てる事を考えた場合、まずは外観や間取りなど自分達のライフスタイルに合わせた家作りを考えるはずです。ほかにも山形のどこの場所に建てるかの、土地選びも重要となります。土地選びをする際に、意外と知られていないですが注文住宅を建てる土地は、買わずに借りることも出来るのです。土地の看板に「定期借地」という言葉のある土地を見たことはないでしょうか。この文言がある土地は、購入せず借りる事ができます。定期借地権という言葉を聞いたことがないでしょうか。これは、家などを建てるとき、土地の契約期間を定めたもので、一般的には50年が多いようです。この契約は公正証書の書面契約が交わされ、契約の更新はなく、期間の満了と共に終了します。

材質にこだわることも可能

これは、注文住宅だけでなく、山形の分譲住宅でもまれにあります。この定期借地権を利用して建てる注文住宅の費用は、山形の土地を購入して建てる家にくらべて半分の費用で済むと言われています。金額が半分なら広い家や、材質にこだわった家も建てる事も可能です。ただ定期借地権を利用して注文住宅を建てる事は、あまり一般的になじんでいないのです。これは、せっかく家を建てるなら土地を購入しておきたいと考える人が多いということ。ほかには土地を購入していないので、担保にならない事が原因です。安く建てられるとはいえ、制限が多いのが定期借地権です、仮にこの方法をゴリ押しして家の購入をすすめてくるような業者であれば注意しておくべきでしょう。